Kokoです。

 

アフィリエイトは不労所得のモデルとして
有名なビジネスであり、
ある程度の成果を上げてしまえば
1週間に1度程度のメンテナンスでも維持できますし、
外注化してしまえばそのメンテナンス作業も無くなります。

 

しかし、その域まで達するには
努力と期間は絶対に必要ですし、
一朝一夕にとはいきません。

 

PPCやオールドドメインを利用すれば、
集客までの時間を短縮は出来ますが、
肝心のスキルが無いままでは長続きはしませんし、
そもそも成約率も低いままでしょう。

 

今回のオファーはそのスキル部分を
取っ払った方法という事ですが、
一体どんな方法なのでしょうか?

 

今回レビューしていくのは、
久保和美さんの超ずるいアフィリエイト講座です。

 

久保和美 超ずるいアフィリエイト講座

【特定商取引法に基づく表示】

配信責任者
株式会社ルミナスティ

住所
広島県広島市中区吉島西1−9−3

メールアドレス
mail@tkproject.net

URL
http://tkproject.net/superzuru-nonsite/

 

確かに稼ぐことが出来そうではあるが・・・?

 

久保和美さんといえば、
アフィリエイト、せどりのノウハウを提供して
稼がれている方ではありますが、
ブログなどを見てみても、
初心者目線で物事を考えられているものもあり、
僕個人としては良い印象が強いです。

 

オファーのLPに関しても
重要な部分は濁してはいますが、
ある程度察しのつく内容なので、
稼ぐことは出来るだろうなと思うものも多いです。

 

まあ、その濁している部分が、
せどりだったら売れ残りのリスクだったり、
アフィリエイトだったら努力が必要だったり、
・・・という感じですね。

 

いずれにせよ再現性の欠片もない(レターと内容が違う)
ものが溢れているネットビジネス業界では
再現性は高いものであることが分かります。

 

今回はアフィリエイトが
モデルとなっているオファーですが、
特徴は以下のような形になります。

上記点から踏まえて、
トレンドキーワードで複数サイトを作成し、
その中で反応が良かったものを育成していくという
きわめて王道的なパターンの
アフィリエイトノウハウだと思われます。

 

この手のノウハウは直感的ではなく、
モノが売れるか売れないかと云うものが
実際の数字に見て取れるので、
経験値として生かしやすく、
次の作業にその改善点を生かしやすい事が大きな特徴です。

 

一つのキーワード、ジャンルで取り組むよりも、
修正作業が容易なので初心者にもお勧めではあります。

 

何か月も行って、その結果、
成果が出るまで続けられないという人が多いアフィリエイトの中でも、
トレンドキーワード、無料ドメインの効果により、
成果がすぐに表れるのも魅力的です。

 

ただ、
問題点として今回の案件は無料オファーだという事。

 

オプトインへの誘導がある時点で察しはつくとは思いますが、
セールスレターや募集をかけるには
それなりの資金がかかっているので、
このキャンペーンも例外なく20~30万程度の
高額塾などへの勧誘があることは間違いありません。

 

自動化まで繋げることが出来てしまえば
不労所得収入を得ることが出来ますが、
それ相応の作業量、出費は覚悟しておくことを
留意しておいてください。

 

現時点での考察はこの辺りですが、
また詳細が分かり次第追記させていただきます。

 

まとめ

 

久保和美さんの超ずるいアフィリエイト講座
についてのまとめとなります。

 

見立て通りのトレンドアフィリであれば、
月400万は正直厳しいですが、
月10万程度だったら初月から達成することも可能です。

 

ただ、無料で始めることが出来るアフィリエイトで、
いきなり20万という金額を教材に払ってしまうのは
正直ナンセンスだと言わざるをえません。

 

まあ、
ある程度の投資は視野に入れている。
という方ならば問題ないでしょうが、
僕としては最終的には1つのブログ+αという感じで
ロングレンジ思考を取り入れていってほしいと思っています。

 

もちろん20万を超えるような高額塾に入らずとも
月収10万20万と成果を上げることは出来ますし、
努力次第ではさらに上も目指せます。

 

というか一度稼ぎ始めた人は、
その流れでどんどん成果を増やしていけるんですよね。

 

アフィリエイトに興味がある方は
こちらの記事も見てみてください。

→アフィリエイトを始めるうえで意識をすること

 

もし疑問などがあればメールにて
お気軽にご相談ください!

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで