Kokoです。

 

アフィリエイトは軌道に乗るまでが

一番大変だといわれているビジネスの一つです。

 

事実、なかなか給料が上がらない、

という理由でアフィリエイトに参入してみたものの、

アフィリエイトでもこれといった成果を出すことが出来ず、

悩んだりしているうちにやる気力が無くなってしまった、、、

という人は多いのではないでしょうか?

 

僕としてもそういう気持ちというか考えはすごく共感が出来ます。

 

アフィリエイトではどうしてもインターネット上で

知識などをインプットすることが多くなるので、

必然的に目にしてしまうわけなんですよね。

 

そうですね、

”楽に稼げる、だれでもOK、1日たったの10分でOK”

といった煽り文句の数々です。

 

自分はまだ稼げるまでのレベルに到達していない、

という状態でこれらの煽り文句を見るとすごくストレスになると思います。

 

常識的に考えればそんな話あるわけないと一蹴できるんですが、

心のどこかではちょっと惹かれてしまったりと、もやもやが残ってしまって、

手元のやるべき作業がおろそかになってしまうわけです。

 

俗にいうモチベーションの低下・・・というやつなのですが、

これが実は厄介で、頭ではやらないといけないと分かっていても、

なかなか手が動かないわけなんですよね。

 

学校の勉強や、家庭教師を雇っての直接指導というような

作業できる環境が整えられている場合はまだいいのですが、

アフィリエイトなどでは基本は一人の作業となるので、

このモチベーションをどう維持していくのかというのは、

アフィリエイトにおいてめちゃめちゃ重要なポイントなのです。

 

今回はそんなモチベーションが低下してしまった時に

とりあえず何をすればいいのかという話をさせていただこうと思います。

 

マインドをズラして、意識を改革すること

 

まず一つ目の要素として取り入れてほしいのが、

マインド、ようするに考え方をちょこっと変えて

取り組んでみてほしいってことです。

 

アフィリエイトを始めた理由は皆さん人それぞれ、

いろいろな理由があるとは思うのですが、

 

・社畜生活から抜け出したいor楽になりたい

・生活水準を高めたい

・老後のための貯金がほしい

 

といった内容が一般的でしょうか。

 

・アフィリエイトが楽しそうだから

 

という理由の人は、おそらくいないと思います。

 

少なくともネットビジネス未経験の人にはいないはずですよね。

 

上の3つの共通点は”お金を得る”というキーワードです。

 

つまり、アフィリエイトの目的の一つとして

お金を得るためという要素があるわけです。

 

しかし、皆さんも理解しているかもしれませんが

ブログアフィリエイトで適当に2、3記事

ぱぱっと書き上げただけでは収益は発生しません。

 

アフィリエイトでは

集客が成立してある程度収益を見込めるボーダーラインとして

だいたい100記事程度という目安がありますが、

言い換えれば100記事を書き終わるまでは

収益は発生しないとも取れるという事です。

 

つまり、無賃労働、ボランティア、サービス残業です。

 

お金を得るために始めたアフィリエイトで、

そのお金が全く得られないという状況が続くと

正直モチベーションの維持というものは難しいです。

 

その場合、惰性で記事を淡々と行進していく手もありますが、

ライティングがごまかせていないと文章にもやる気のなさが伝わってきて、

固定読者がつかなくなりますし、読者がつかなければやる気も出ないので、

悪循環に陥るはめになります。

 

まので、まずはお金を得る目的というのを忘れて、

とりあえず読者に感謝されるような

記事を更新することだけを考えるようにしてください。

 

人に感謝されるのが嫌いという人は普通いませんし、

メールのお問い合わせ一軒でも、反応が無いよりは

モチベーションの持続に一躍買ってくれます。

 

そこから固定読者となるケースも多いですし、

なんなら「お勧めの商品はありますか?」

なんて言葉も頂けるかもしれません。

 

そうなればモチベーションの回復も容易ですし、

そこでしっかりと商品を紹介することが出来れば、

一石二鳥ともなりえるわけですね。

 

目先の目標を立ててみる。作業の習慣化なども効果的

 

目標というものを目先の課題として設定することで

無理なく継続させることも効果的です。

 

アフィリエイトでは会社や学校の様にノルマというものが設定されておらず、

言ってみれば自分の好きな時間に作業することが出来るわけです。

 

これもアフィリエイトの厄介なところなのですが、

決められたノルマというものが存在しないため、

自分自身の中でしっかりとルールを設けることが大切です。

 

例を挙げさせてもらうと、

 

・記事の文字数を1,000文字以上書くようにする

・毎日1記事を更新し続ける

・2日に一回は記事を更新する

・記事の最後には自分自身の考察を入れる

 

などですね。

 

上記はあくまでも一例であり、

作業に充てられる時間などは人それぞれ違うと思うので、

あなた自身の環境に合わせて適当な判断をしていただければいいですが、

アフィリエイトなどではこうして自分なりの指標を立てることがとても大切です。

 

というのも、繰り返し記事を作成していくとなると、

書くことがないとか、やる気が出ないといった時が必ず来るので、

ひとまず目標に向かって行動できるように

日々の生活の中に習慣づけて置く必要があるからです。

 

ここで覚えてほしいのは

一度立てた目標は出来るだけ守って、

しっかりと継続してほしいという事。

 

一度でもサボり出してしまうと、

次の日も「また今度でいいかな」となってしまい、

結局その繰り返しの中で作業に身が入らなくなってしまう恐れがあります。

 

一度で記事を完成させることが難しいのであれば、3日に分けて、

 

・1日目はリサーチを徹底し、キーワードを5つ見つけてまとめる

・2日目はリサーチした内容に基づいて記事を書く

・3日目は書きあがった記事に自分の考えを補足する

 

という具合に出来る範囲内で

一つづつこなしていくことから始めましょう。

 

頭の中がごちゃごちゃのままでは

作業に取り掛かるのが億劫になってしまいがちですが、

やるべき内容がしっかりと整理できていると、

手をつけるのも幾分かと楽になりますし、

手をつけてしまえばこっちのもんで、たった5分でも作業できれば

1~2時間程度は不思議と作業出来ちゃうんですよね。

 

アフィリエイトも勉強や仕事と同じで

机に向い、手をつけるまでが一番大変なのです。

 

それさえスルーしてしまえばあとは難しくありません。

 

作業し易いように環境を変えてモチベーションを高める

 

3つ目は作業しやすいような環境を整えるという事です。

 

アフィリエイトはパソコン、スマホがあれば

基本的に作業の場、時間帯もすべてが自由ですので、

このメリットを生かさないというのは勿体無いです。

 

家にいるとどうしてもテレビやゲーム等、

誘惑するものが多く、作業にも身が入らないという場合は、

休日に外にでて作業をしたり気分転換を兼ねることをお勧めします。

 

周りの雑音などがうるさければ音楽を聴きながらでもいいですし、

セミナーなどの音源をあらかじめ取り込んでおけば

家で作業するよりも新鮮な気持ちで作業に取り組むこともできます。

 

もちろん平日が仕事で

学校や会社の休憩時間などを利用する事も出来ますし、

場所と時間に縛られない点を最大限に生かしていきましょう!

 

モチベーションアップ、維持についてのまとめ

 

今回は落ち込んでしまったモチベーションを高める方法と、

そのモチベーションを維持する方法をお伝えさせていただきました。

 

他にも、商材や、ブログに利用出来るテンプレートなどを有料で購入して、

あえてリスクを作ってしまうのもアリですが、

まず基礎としてモチベーション維持のために

毎日の作業をテンプレート化していくことから始めてみてください。

 

ただ、モチベーションというものは

常にマックスで維持できるようなものではなく、

ある程度波打つように上がり下がりするものです。

 

どうしても乗り気にならないというときは

無理して作業をしようとしても効率が悪いので、

思い切って3日程度間を開けてあげることも大切です。

 

リアルビジネス、ネットビジネス問わず、体が資本なので、

体を壊してしまっては元も子もありませんし、

あなた自身のリズムを大事にしてあげてください。

 

それでは本日はこのあたりで。

 

お困りの方や疑問などがあれば、

些細なことでもよいので、

お気軽にご連絡くださいね!↓

kokoへの相談はこちらまで