Kokoです。

 

今回は初心に戻り、

アフィリエイトをする場合、

どういった商品を扱っていけばいいのか?

といったテーマで書かせていただきます。

 

アフィリエイトは、
ネットビジネスの入門としても
非常に人気の高いビジネスモデルですが、
資金面でのリスクが少ない分、
成果が出るまでにはそれ相応の時間を要しますし、
ある程度軌道に乗るまでは
こまめなメンテナンスが必要になります。

 

ネットビジネスをしようとしている方の大多数が、
金銭的な面で問題を抱えている場合が多く、
資金をあまり掛けずに行うことが出来るのは
大きなメリットです。

 

アフィリエイトと云う言葉は、
数年前に比べると世間的にも有名になりましたし、
アフィリエイトノウハウを取り扱った
サイト、ブログ等も沢山見かけるようになりました。

 

今後のことを考えると、
今以上にアフィリエイターの参入数は増えるでしょうし、
2017年は景気が多少良くなったと云われていますが、
まだまだ片手間に喜べる状況でもない事も事実、
いざとなった時の為の収入口と考え、
アフィリエイトを始める方も少なくありません。

 

そうなった場合、
早く始めれば早いほど
優位に立てることは間違いないのですが、
問題は”どれほどの収益を目標としているか?”
という事です。

 

本業としてアフィリエイト一本(その他ネットビジネス)
で生計を立てていこうとしている人。

 

本業の片手間に収益アップとして、
月5万円程度を稼ぐことを目標としている人。

 

僕はあくまでもネットビジネスと云うものは
レバレッジを利かせられることが
最大の魅力と考えているので、
一先ずの到達点として、週の労働時間5時間程度に対し、
月収30万を目標に頑張っていただきたいとは考えています。

それだけの収益を得ることが出来れば、
さらにその資金を元手にビジネス展開、
もしくは不労所得を得るための仕組み作りに
力を入れるのもあなたの自由自在ですからね。

 

アフィリエイトは不労所得としても
有名なのはご存知かと思いますが、
ある程度内容を絞って、
特化型ブログを構築していけば、
月何回かのメンテナンスで
収益を上げ続けてくれる媒体は完成します。

 

そうなってしまえば、
他の収入口、リスク分散もかねて
新しい媒体を構築することが出来ますし、
発生した利益で投資案件などに充てることもできます。

 

二つ目以降の媒体を作成するときには、
”一度稼いだ”という経験、自信もついているので、
驚くほど速く成果を上げることもできます。

 

アフィリエイト報酬が
少ないと云われている物販ビジネスでも、
これの繰り返しを行うだけで、
月10万、20万と収益を上げていくことは可能です。

 

実際、物販アフィリだけで
月に7桁以上の収益を上げている人もいますが、
各サイトはほとんど手を付けていない状態でも
勝手に利益を上げ続けるような仕組みを完成させているのです。

 

しかし、当たり前ではあるのですが、
そこまでのシステムを構築するためには
それ相応の時間がどうしても必要になってくるわけです。

 

物販で比較的早い段階で月10万を達成したいのであれば、
トレンドテーマでとにかく記事、ブログを量産して、
反応があるものを引き延ばしていくという方法が
一般的な方法ではあります。

 

情報商材などと違い、
商品を会社ブランドが後押ししてくれるので、
そこまでDRMなどを理解する必要もないですし、
報酬単価の高いモノを狙っていけば、
早くて3か月程度で10万ぐらいであれば達成できます。

 

ただ、先にも述べたように、
物販アフィリは一つ一つの報酬単価が少ないため、
どうしてもある程度の額を超えてから
伸び悩んでしまう傾向が出てきてしまいます。

 

なので、もしあなたがネットビジネスのみで
月収30万以上を稼いでいきたいと考えているのであれば、
情報商材アフィリエイトの実践を僕は勧めます。

 

同じ30万は30万でも、
情報商材を扱った方が目標に早く到達できるのは明白です。

 

情報商材アフィリエイトの将来性について

 

巷では情報アフィリの参入者が増えたおかげで、

 

「稼ぐことが出来なくなってしまった。」

 

と言っている人もいるにはいますが、

今年2017年からもし仮に
情報商材アフィリを始めたとしても、
まだまだ十分に参入の余地はあるでしょうし、
これから先、情報商材と云う商品が廃れることは
まず有り得ないと断言できるでしょう。

 

情報商材とはあくまでも
”情報”に価値を付与したモノでしかない為、
人々が情報を仕入れる行為をやめない限り、
恒久的に無くなるようなものでは無いと言えるわけです。

 

確かに媒体がデータを基にした、手元に残らないものなので、
あまり実感が沸かないかとは思いますが、
書店などに置いてあるネットビジネスの本でも同じことで、
究極的な結論としては、

 

”満足できたかどうか?”

 

という一点のみです。

 

いくら手元に残るからといって、
何の役にも立たない本であれば、
それは紙切れと何ら変わりありません。
(まあ、売り飛ばすことは出来ますが・・・)

 

近年ではCDやゲームなども
ダウンロード販売に移行しつつある傾向ではありますが、
価値のあるものというのは
ディスク販売でも、ダウンロード購入でも売れ続けているわけです。

 

ネットが普及した時代だからこそ、
媒体の仕様を問わず”情報”と云うものに
価値が生まれているわけでもあるし、
これから先もそういった文化は続いていくでしょう。

 

有益な情報にはいつの時代も価値が生まれる

 

情報商材アフィリの魅力は何と云っても、
一つ一つの報酬の単価が高いという事。

 

情報商材は商品がデータや、ツールなどで
完結している場合が多く、
インフォプレナー側も低コストで商材を量産できるので、
その分アフィリエイターに還元される報酬額も高額です。

 

一件当たり、50%以上に設定されているものも多く、
高いものだと80%を超えるものも存在するので、
一つ売れるだけでも大きな収益となり得ます。

 

僕自身、物販アフィリエイトから入った身ではありますが、
もし、また0からネットビジネスを始めるとするのであれば
情報商材アフィリから始めるでしょう。

 

いずれにせよ、
将来性を見据えての長期的な資産を構築していくのであれば、
報酬単価が高い情報商材アフィリを選択するのは悪くない考えですし、
いつの時代も”有益な情報”と云うものは需要が存在するので、
ぜひ挑戦していただければと思います。

 

もし、
情報商材アフィリエイトに興味があるのでしたら、
お気軽にご相談くださいね。

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで