Kokoです。

 

最近では当ブログを見て、
アフィリエイトを初めてみます!
と云った声も多くいただけるようになって、
僕自身もやりがいや手ごたえを感じています。

 

ただ、
中にはもう既にアフィリエイトを実践していて、
なかなか成果が見られない、反応を得られない。
という方もいたので、今回はその点について
解説させていただきます。

 

記事の内容は相談が
情報商材アフィリについてだったので、
それをベースに取り上げていきますが、
物販系のブログにも云えることなので、
しっかりと理解しておきましょう!

 

反応を得られない主な理由とは?

 

まず初めに考えられる要因としては、
そもそもブログの記事数が足りていない場合。

 

根本としてブログは文字が媒体ですので、
ユーザーの目に触れなくては、
どんなに質の高い情報を発信しても
何の意味もありません。

 

その為にはあなた自身のブログが、
上位検索に表示されることは必須事項です。

 

その点を踏まえて
ブログをSEO的な側面から見てみると、
記事数(ブログの内容)が充実していないと
安定した上位検索は見込めません。

 

日ごろからSEOを意識して
キーワード選定に取り組めば、
早い段階で検索結果を上げることもできますが、
近頃はアフィリエイト目的の
ブログも増えてきていますし、
100記事辺りは意識しておいたほうが良いでしょう。

 

トレンドネタなどで
浅いアクセスを追っかける手もありますが、
トレンド(流行)は当然廃るものなので、
アクセス数を維持する労力もかかります。

 

トレンドブログであれば短期間で
10,000PV以上を記録することも簡単ですが、
アクセス自体の質はあまり良くないので、
アドセンス広告以外の成約率など、
時期などによっては伸び悩むこともあります。

 

SEOに関してはこちらに細かく分けて
解説しているので参考にしてみてください。

→SEO対策における基本を学んでみよう

 

最新の情報を取り入れる

 

新聞やテレビのニュースでもそうですが、
情報というものは人を集めることが出来、
また、その情報に価値を見出して
お金を払うという行為はこれから先
一生廃れることは無いでしょう。

 

確かに生きていくだけであれば
情報というもの、それ”単体”に
それほど価値観を見出すことはありませんが、
”情報=お金”となれば話は変わってきますよね。

 

このブログを読んでいる方も、
お金を得る方法に興味があるからに他ならないでしょうし、
僕自身もアフィリエイトを本格的に始めたのは、
お金を得たいと思ったからです。

 

昨今ではユーチューバーなど、
”好きなことで生きていく”
というフレーズが話題になったこともありますが、
本当に好きなことだけやって
稼いでいく事はそう甘い話ではありません。

 

それに実際、動画を見てみると、
中々に露骨なものもあるので、
「あ~やっぱりお金は大切だな~」
と感じますw

 

というよりも現金な話でも何でもなく、
生きていく上でお金は絶対必要ですし、
欲しいものを買うにも必要なわけで、
「お金が欲しい!いっぱい稼ぎたい!」
というのは当たり前の欲求なんですよね。

 

そこで話は戻るわけですが、
情報はお金になるという話です。

 

正しく言うと
”価値のある情報は”ですね。

 

新聞やニュースでも、
1週間前のネタを引っ張っていたら
誰も興味を持たないし、
お金を出してまで購読しようとは思いません。

 

つまり、PV数もあるのに
反応を得られないという人は
単純に扱っている記事の題材が古いというわけです。

 

ジャンル特化型の
パワーブログを運営する場合でも、
今話題となっているネタを
記事に取り込むようにしていきましょう!

 

ユーザーに考える余地を与える

 

よく無料オファーなどで、
残り人数〇〇人と制限をかけて、
あと〇〇日で終了と煽っているものを見かけますよね。

 

これは制限時間を設けることにより、
ユーザーの精神状況を心理的に揺さぶり、
正常な判断をさせなくするために用いられる方法です。

 

今回、僕が推奨している方法はそれとは真逆で、
ユーザーに考える余地を与えるという方法です。

 

確かに、
その場限りのコンバージョン率に関しては
ユーザーの思考の余地を排除させた方が、
売り上げを上げることもできますが、
もし、ノウハウに再現性があったとしても、
その顧客が満足する可能性は低いです。

 

ただ、
中身を見ず(どんなものかも考えず)に購入した層は、
大抵ノウハウを一通り読み終えたところで
満足してしまうという人も少なくありません。

 

俗にいうノウハウコレクターという人たちですが、
中にはまともに実践が出来ていないにもかかわらず、
悪評を立てる人も少なくありません。

 

結果、ブログ自体の価値も下がりますし、
安定した収益とは程遠くなるので、
長い目で見た場合、とにかく売るというよりも、
本当に実践できるような顧客層にだけ
訴えかけていく事が必要というわけです。

 

どんなネットビジネスでも、
常に新しい手法、考え、商品
と入れ替わっていくので、
”考える”という行為は必ず必要になります。

 

なので、満足に反応が得られない場合は
まずはユーザーに問いかけ、対話、強いては
考えさせるような記事を書いていきましょう。

 

まとめ

 

”反応が得られない”という事は
言い換えれば記事に価値が見いだせない
という事でもあるので、
まずは更新していく記事の内容を
見直すところから始めましょう。

 

また、最新の情報を扱う上で、
他のブロガーと同じ記事を書く際にも、
視点を変えて意見を述べてみたり、
他脳記事と絡めて解説してみたりと、
色々と改善の余地はありますし、
伸び悩んでいる場合、
誰かに記事を読んでもらうこともお勧めです。

 

もちろん、
日ごろから記事を書いている人でもいいですし、
全く縁のない人でも、その人だからこそ見つけられる
”気づき”の部分はあるはずです。

 

確かに、ブログを知り合いに見てもらう事には
始めのうちは抵抗もあるかもしれませんが、
一人で悩むよりは絶対に良いので
一度見てもらう機会も設けるようにしましょう。

 

もし疑問などがあればメールにて
お気軽にご相談ください!

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで