Kokoです。

アフィリエイトに置ける最終目的は
言うまでもなくお金を得ることです。

 

まあ、当たり前なのですが
僕たちは慈善事業でネットビジネスを
やっているわけではないので、
集客が出来て、お客さんに満足してもらっても
結局成約が取れないことには
その作業に何の意味もないわけです。

 

アフィリエイトは
情報発信のビジネスなので
記事を書くには知識が必要です。

 

どんな層の顧客に向けて
発信していくかは重要なことですが、
少なくとも訪れた方以上の知識を
披露する必要があるわけです。

 

 

リサーチの重要性、そのワケとは

 

”知識を披露”、と考えると
普段からその分野に携わっていて、
常にアンテナを張っていなければいけないのか?

 

と思われるかもしれませんが、
そんなに難しい話ではありません。

 

何も壇上に上がってスピーチをしてくださいと
言われているわけではないですし、
小説家のような綺麗な文、
難しいことを書く必要もないわけです。

 

いくら文章をうまく書けるからと云っても
読み手の理解、共感を得られなければ
それはただの自己満足となってしまうわけです。

 

これに関してはネットビジネス以外、
というよりすべて通ずるノウハウであり、
例えばアフィリエイトから始めて
他のビジネスに展開していこうとした際も
役立つテクニックなのです。

 

あくまでもどういった顧客に対して
文章を綴っていくのか?を念頭に、
その顧客の思惑や、興味のある分野など、
情報発信していく相手を明確にすることが大切です。

 

記事を書く際はこういったことを
考えてみてください。

 

どういった構成が読みやすいのか、
色文字、句読点、改行を開ける間隔など、
そのほかにも小手先の技術は必要ですが、
大前提、リサーチのできていないライティングは
それ以前という事を忘れないでくださいね。

 

リサーチから学び、知識を身につける

 

コピーライティングは最終的には
商品の良さを伝えることに集約するわけですから、
その商品に対しての知識が必要になります。

 

知識の披露には、文字通り
知識をつける必要があります。

 

しかし、人ひとりが抱擁できる
知識には限りがあります。

 

中にはどんなことでも吸収していくような、
いわゆる天才と呼ばれる人たちもいるにはいますが、
そんなラインに立てる人は限られていますし、
正直酷な話ですよね・・・

 

でもネットサーフィンなどを
しているとそういった人たちで
溢れかえっているようにも感じます。

 

ただ大多数の人間が僕たちと同じ一般人ですし、
こと情報発信や、コピーライティングにおいて
その差はほぼないと云ってもよいでしょう。

 

例えばこれ、

 

扁桃

 

なんて読めますか?

 

くるみ?

 

いいえ、実はこれ
”アーモンド”と読むらしいです。

 

普通は読めませんよね。
読めた人は・・・すごいです;

 

皆さんはこんな風にわからない
言葉があった際はどうしますか?

 

辞書で調べる、人に聞く、ネットで調べる。

 

色々と解決法はあると思いますが、
一番手っ取り早いのはやはり
”ネットで調べる”だと思います。

 

実際上にあげた扁桃という単語も、
”難しい漢字”でググって
一番上に出てきたサイトから
持ってきただけなんです。

 

まあ、僕がもう読めないのは
バレてしまったと思うのですが、
これを”知っている風”に
装うことはネット上では可能なのです。

 

リサーチと聞くと調査とかを
イメージされると思うのですが
つまるところ”ググる”だけでいいわけですね。

 

アフィリエイトにおいてのリサーチ法

 

最後に具体的なリサーチの仕方を解説しますが、
この業界では個人の主張だけを押しているようなもの
も多数存在しており、独りよがりで身勝手な
情報もたくさん存在しています。

 

その場合、そういった”間違った情報”を
参考にしてしまうとあたりまえですが
満足いく結果にはなりませんし、
逆に批判的な評価が集まってしまう
可能性もあります。

 

そういった場合に参考になるのが

 

・不特定多数の意見が集まるまとめサイト

・口コミなどが集まっている販売サイト(Amazonなど)

・すでに売り上げが伸びている商品のレビューなど

 

等ですね。

 

特に秘匿性の高いまとめサイトなどでは
本音で語り合ったりしていることも多く、
信憑性の高い情報になります。

 

すでに売り上げが伸びている
商品を参考にするのもお勧めで、

 

売れている=共感を得ている

 

という状況が成り立つので
信用に値する情報となります。

 

もちろん上記を合わせてリサーチとすれば
より濃い知識を蓄えることもできます。

 

というかぶっちゃけ
知識なんてものはこれだけで十分で、
あとは如何に明確なターゲットを意識できるか、
というだけなんですね。

 

この辺りはDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)
でも詳しく解説しているので参考までに。
→稼げていない人はDRMを見直してみよう!

 

それでは今日はこのあたりで!

 

悩み、相談があればどうぞお気軽に!

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで