ブログ記事を書く際の注意点。押さえておきたいポイントとは?

Kokoです。

 

アフィリエイトを行う上で、
記事の作成は必須事項なのですが、
やはり成約率の高い記事を書く場合は
ユーザーの目線で見た時に
素直に納得できるものでなくてはいけません。

 

今回はその点を踏まえて、

 

”入り口”と”出口”

 

に焦点を当てて解説していきます。

 

ユーザーのターゲット層を決める

 

まず、入り口を決める前の段階として、
心得ておかなければいけないことがあります。

 

これはブログ記事を書くうえで
一番最初に気を遣わなければいけないのですが、
ユーザーのターゲットをある程度絞る必要があります。

 

トレンドアフィリの記事を書く際などは
あまり気にしなくていいことでありますが、
特化型ブログを運営していこうと考えた場合、
対象のユーザーの性別、年齢、趣味などを絞り、
一部のより濃いユーザー層に訴えかけなくてはいけません。

 

”記事が書けない”と言う人は、
殆どがこの段階でつまずいている状態で、
誰に対して発信すべきかわからないので
手を付けようにも手が付けられない状態なんですね。

 

大体こういった考えの人は
より広い層、万人向けの商品を扱えば、
と考えてしまう人が多いですが、
一昔前ならば可能だったかもしれませんが、
参入者が増えてしまった現状では
八方美人な思考回路では絶対に成功しません。

 

事実、ターゲットを極限まで絞ったブログでは、
アクセスの質が非常に高いので、
少ないアクセス数でも成約を得ることは可能です。

 

例として、情報商材を扱う上でも、
一つの商材に一つのブログ作成することもかなり効果的で、
僕が試しに作成したブログでも成果を上げてくれています。

 

学生の勉学などでもそうですが、
クラス全員に対して一斉に発信するのと、
家庭教師という形でマンツーマンでのやり取りをするのとでは
情報の質は全く違うわけです。

 

ネットでは相手の顔こそ分かりませんが、
メールでのやり取りを親身に行うことで、
ユーザーとの関係を築くこともできますし、
それを可能とするメルマガなどには
最終的には繋げていきたいところです。

 

話を戻しますが、ブログを立ち上げる際は

 

「発信先のユーザーの人物像を明確にしておく」

 

事がとても重要です。

 

記事の入り口の重要性について考える

 

言わずもがな、
入り口部分には記事の見出しも入るので、
超重要な部分なります。

 

見出しの文章が興味を引くような内容でないのであれば、
当然ユーザーは記事を見ることもありませんし、
記事を書いた行為自体が無駄となってしまいます。

 

無料オファーのセールスレターでもそうですが、

 

”月収100万円”

”片手間に完結するビジネス”

”経験、努力不要”

 

なんて甘い言葉で射幸心を駆り立てていますよね?

 

「マジかよ・・・どうせ、嘘じゃないの」

 

なんて思いながらも画面を下に
スライドした経験が皆さんにもあると思います。

 

まあ、実際その通りなら別に問題ないのですが、
残念ながらその通りであった試しがほとんどないですよね;

 

というわけでウソはいけませんが、
興味を引くことが出来なければ記事は読んでもらえません。

 

始めてブログに訪問してきた人は、
基本的にあなたのブログだから見に来た、
というわけではありませんので、
ユーザーのテンションとしては並以下、
少しでもつまらないな、為にならないな、
と感じられてしまえばその場でブラウザバック
してしまう可能性は非常に高いです。

 

Googleアナリティクスを利用すれば
どれぐらいのユーザーが来て、
どれぐらいの頻度で離脱しているのかわかりますので、
活用するようにしましょう。

 

記事の中身はもちろんユーザーの目的に
合わせたものでなければいけませんが、

 

「まずはその記事を読ませる事が大切」

 

なので、
出だしの部分は気を遣うようにしましょう。

 

記事の出口を明確にする

 

入り口があれば出口がある様に、
最終的な結論として何が言いたいのか
まとめてあげる必要があります。

 

当たり前の話ではあるのですが、
僕たちは慈善事業でブログを運営しているわけではないし、
アフィリエイトを目的としている以上、
次に繋がる行動を促してあげる必要があります。

 

初心者にありがちなのですが、
冒頭ではしっかりとユーザーの興味を引き、
記事の内容も為になるものを書いているのに、
肝心の締めの部分がまとまりきらず、
うやむやのまま切り上げてしまうパターン。

 

書きたいことは頭に浮かんでいるのに、
記事を書いているうちに出口が解らなくなって、
次から次へと二転三転してしまうことは
通常の日記記事を綴ったようなブログなら良いのですが、
アフィリエイトの場合だと効果的ではありません。

 

では具体的にはどういった
方法を取ればいいのか紹介します。

 

例えば、
ブログの終わりをユーザーに投げかける形で終わらせて、
その先をメルマガ、内部リンクで繋げてしまう方法。

 

非常にシンプルな方法ではあるのですが、
入り口を狭めて顧客の選定をしっかりと出来ている状態であれば、
高確率でリンクを踏んでくれますし、
さらにその先で仕掛けをめぐらすことも可能です。

 

アフィリエイトとして最終的につなげるべきは
アフィリリンクに過ぎないのですが、
その際も、しっかりと結論づけたうえで繋げないと
成約率も著しく落ちることは明白でしょう。

 

もう一つは、
とりあえず箇条書きでポイントや要点を絞って
最後にまとめとして分かりやすく統括する方法。

 

この方法の良いところは目次とのシナジーが比較的強く、
読者からもわかりやすい記事と認識され、
アクセス数を飛躍的に増やすことが出来ます。

 

ただ、アクセスが増えやすい反面、
属性を絞る効果は前者に劣るので、
普段は前者のような構成の記事を書き、
全体のまとめ記事として、
各記事への内部リンクを含ませつつ、
後者のような記事を書くと効果的ですね。

 

始めのうちはそこまで意識することは無いですが、
(というよりも意識しすぎるとうまく書けません)
ある程度記事がたまり、
質の高いアクセスを稼ぎだしてきた際は、
”目的に対して”の記事運びを意識するようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は記事を書く上での
入り口、出口の部分について
理解を深めていただきましたが、
要約してまとめると、

 

・入り口は魅力的な文章で

・出口は次の行動を促すように

 

という点ですね。

 

言っていることは簡単な話ではあるのですが、
慣れないうちはどう切り出そうか、
どう締めようかと迷ってしまうと思います。

 

実際、始めは僕もそうでしたし、
皆さんも同じように
悩んでいらっしゃるのではないでしょうか?

 

そんな時はあえて最後の締めの”結論”部分から
書いてしまうのも一つの手ではあると思います。

 

結論からだったらそこまで迷わずに纏められるでしょうし、
そこから遡りつつ書いてしまっても問題ないわけです。

 

こればっかりは個人差があるので、
どういった書き方が正しいという正解はありませんので、
少しづつコツをつかんでいってもらえればと思います。

 

あと、記事を書き終わった際は、
一度ユーザーの目線で書いた記事を
読んでみることをお勧めします。

 

誤字脱字や日本語として
おかしい部分などの発見もできますし、

 

”ここをこうしたらいいんじゃないか”

”この部分をこうしたら良くなるんじゃないか”

 

という気付きがあるはずです。

 

もしブログ記事を書く際、
どう書こうか迷っているのであれば、
今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

 

もし疑問などがあればメールにて
お気軽にご相談ください!

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

プロフィール


管理人のKokoです。

愛知県に住みながら
ネットビジネスで
生計を立てています。
趣味はお絵かきとゲーム。

まずは数ある中から
当ブログにお越し下さり
誠にありがとうございます。

こちらでは情報商材のレビュー
を主とし、ネットビジネスで
稼いでいくためのノウハウや
やマインドについても僕自身の
見解と客観的な意見も交えて、
ネットビジネス初心者の方に
目線に合わせて解説して
いきます。

僕自身もネットビジネスに
専業で打ち込めるレベル
までは稼げていますが、
まだまだ修行中の身です。

その為、今からネットで稼ごう
と思っている方の想いを
共有できると考えています。

困ったことがあればお力に
なれると思うので是非お気軽に
ご相談してくださいね!
プロフィール詳細

ご相談はこちら

このページの先頭へ