Kokoです。

コピーライティングの本質は

 

”どの様なことを書くか”という事ではなく
”あなた独自の人間性”を発信することが大事。

 

という事は前回までで書かせていただきました。

→人の心を動かすコピーライティングを学ぶ
巷ではアフィリエイト商材にも

 

”コピーペーストでOK”

 

とか

 

”他のブログの記事をリライトする”

 

といったような手法を扱ったものがあります。

 

たしかにコピペをうまく活用すれば
作業時間自体を短縮できるし、自身で内容を
考える必要がないので楽をできる、と思うかもしれません。

 

しかし、僕たちが行っているビジネスは
記事を作ることでもなく、ましてやコピペ技術を
上げるためでもありません。

 

 

リライト記事における最大の損失は時間

 

この見出しを見て、

 

「あれ、コピペをうまく使えば作業時間を短縮できるんじゃないの?」

 

と思われた方もいると思います。

 

たしかに始めのうちは何から
手を付けていいのかわからないでしょうし、
知識自体もろくに身についていない以上、
そういった手法を活用することも悪くはありません。

 

ただそれ自体が目的にすり替わってしまうと、
いざ自身の手で記事を書こうとした際に
肝心の”書く力”がついていないので
思うように書くことができないんですね。

 

また、そういった記事では集客までは
出来たとしても最終的に成約まで結び付けることが
出来ない場合が多いです。

 

最近でも検索結果の上位には表示されてはいるけど、
記事を読んでいて急に、

 

「この人は何を思ってこんな文章を書いたのだろうか・・・?」

 

なんて思うこともあります。

 

こういった記事は大半がリライト記事であり、
他の所から持ってきただけの情報をそのまま
焼きまわして使用しているので、その人自身の
”人物像”が全く見えてこないんですよね。

 

顔も名前もわからないこんな業界で
果たしてそんな人を信頼できるのでしょうか?

 

少なくとも僕は出来ないですし、
これを読んでいるあなたにも思うところはあるかと思います。

 

物事にも起承転結という言葉があるように、
文章も順序立てて組み合わせていかないと
読み手に伝わることはありません。

 

コピペ、リライト記事では
そういった本質部分が身につきませんし、
あなた自身の意思が介入しないので
読み手の心に響かないわけです。

 

もちろん、リライト記事に
無理やりあなた自身の気持ちをねじ込んだとしても、
書いている記事とリンクしないのは明白ですし、
読み手に違和感や不信感を抱かせる結果となってしまいます。

 

そうなってしまえばまた一から
記事を書いていかなくてはならないので、
結果的には時間の損失をしているというわけです。

 

あなた自身の思いを伝える

 

アフィリエイトは最終的には成約を結ばせる、
という点に集約するのですが、
それはどういうことかというと

 

”あなた自身の思いに共感する”

 

という事に他なりません。

 

当然、ほかのサイトから持ってきた記事では
そんな思いが伝わるはずもありませんし、
そういった記事はいくつものサイトから
持ってきているのでしょうから、
言っていることも毎回バラバラで支離滅裂です。

 

当たり前ですが人は高価なものを
買うときほど慎重になる生き物です。

 

商材一つ買うにあたっても、

 

この人は他にどんな記事を書いているんだろう?

本当に信用できる人なのかな?

 

なんて考えます。

 

ともすれば色々の記事から持ってきている場合、
記事ごとに温度差もあるでしょうし、
下手をすると記事同士が矛盾してしまう
可能性も出てきますよね。

 

こういったぺらぺらの内容では
大きな反応は取れませんし、
もし取れたとしても、ビジネスに対して意識の低い、
いわゆる「情報弱者層」と呼ばれる方たちなので、
継続して見続けてくれる可能性自体は低いです。

 

特にそういった勘違いをしたまま進んでしまうと、
いざ反応が取れなくなった時、自分は何がいけないのか
読み返すことができないという点も大きな痛手です。

 

SEOの進化、時代の変化による影響

 

一昔前まではこういったコピペ記事でも
ある程度反応が取れていたのですが、
SEO検索エンジンの強化により、
集客部分でも厳しくなっているのが現状です。

 

また、アフィリエイト自体はまだまだ
稼ぐことのできる市場ではあるのですが、
数年前に比べてみてもテレビに取り上げられたり、
ニュースになったりと、認知度自体が
大きく高まっている傾向にあります。

 

もちろんこれから先アフィリエイト界は
どんどん拡大していく市場ですし、
それによって顧客も変化していきます。

 

簡単に言うと顧客は”賢く”なっていくのです。

 

今では僕のようなレビュー記事を
書いている人も少なくありませんし、
こういった記事を日ごろ確認するようにしている人は
間違っても詐欺商材には引っかかることはありません。

 

その証拠として、数年前と比べて
明確な詐欺商材と云うものは減ってきている傾向にあります。

 

理想の究極系としてはそういったオファーが
なくなることなのですが、

 

ろくに確認しもせず、手あたり次第に
ノウハウを実践する層というものは
やはり一定の数存在しているので、
中々なくならないのは事実なのですが、
オファーの数が減っていることからも
稼げなくなっていることは明らかです。

 

リライト記事を全面的に否定するわけではありませんが、
あなた自身が伝えたいことは
しっかりと自分の言葉で綴るべきですし、
これから先を見据える上でも
自身のため、何が一番有益な行動であるか、
しっかりと一つずつ積み重ねていく必要があります。

 

それでは今日はこのあたりで!

 

悩み、相談があればどうぞお気軽に!

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで