Kokoです。

 

前回はブログ・サイトを更新していくうえで
SEOに関して意識しておきたいことを
解説させていただきました。

 

まだ読んでないよ
という方はこちらからどうぞ!

→SEO対策における基本を学んでみよう

 

それでは今回は
SEO対策でやってはいけないこと。
検索順位が下がる主な理由について
見ていきたいと思います。

 

 

コピペ記事はタブー

 

ブログ・サイトによっては
ページの一番下あたりなどに
転載・複製の禁止が記載されているものもありますが、
もしされていないとしても著作権自体は
存在しますので良くありません。

 

かといって世の中には
数えきれないほどのブログがありますし、
まるっきりオリジナルで書けと言われても
それはさすがに難しいです。

 

そもそも1+1は2ですし、
円の面積の求め方は半径×半径×円周率というように
答えが始めから決まりきっているものに関しては
変えようがありません。

 

小説やドラマなんかでもよく似たものだってあるし、
ある程度被ってしまうこともあるでしょう。

 

そういった場合は、

・表現の仕方を変える

・自分独自のオリジナル性を組み込む

・+αの情報を提供

などいくらでも対策のしようはあります。

 

特にGoogleエンジンの判断基準は
文字の並びなどからも判定されるので、
表現の仕方を変えることは
非常に効果的な方法だと言えます。

 

他にも自分独自の世界観、
キャラクター性を加えることで
検索エンジンの評価はぐっと上がりますし、
単純に持続して閲覧してくれるユーザーも増えます。

 

不自然な被リンク(外部リンク)は逆効果

 

実は少し前までは
この被リンクというものは
最も有効なSEO対策と言われていました。

 

ともなればみんなこぞって
実践を始めます。

 

しかし、
当然ながらここでの被リンクは
所詮自作自演のものであり、
リンクの数とコンテンツの充実度が
全く釣り合っていなかったのです。

 

案の定上位検索はされるものの、
どのブログもサイトも内容は
すかすかのものばかりが並んでしまう
という状況に陥ったのです。

 

これによりGoogleは対策を取り、
いくら被リンクが多くても
サイトの中身が伴っていなければ
上位検索がされないようになりました。

 

前回の記事では
現時点でのGoogle検索エンジンは
被リンクなどの”外部要因”よりも
コンテンツの質などの”内部要因”を
重視する傾向にあると言いましたが、
こういった背景があったんです。

 

ただ、勘違いしないでほしいのは
コンテンツも充実していないのに
被リンクばかりがある場合が
ダメなのであって、
被リンク自体は無いよりはあったほうが良いです。

 

もちろんこの時も
不自然な被リンクはNGです。
例を挙げると、

 

・自作自演のサテライトサイトからのリンク

・自分のサイトに関連性のないリンク

・スパムサイトからのリンク

 

などがあります。

 

特にスパムサイトから
リンクを繋げると自分のサイトも
スパムサイトとみなされてしまう
可能性もあるので注意してください!

 

Google検索エンジン、SEOからSXOへ

 

SEOというアルゴリズムは
時代の移り変わりに伴って
常に進化し続けているものでもあります。

 

今まで1ページ目の上位に
表示されていたのに
突然順位がSEO圏外まで
落ちていたという事もありました。

 

これに関しては主に
検索エンジン上のルールなどが
関わってくるので僕たち個人の力では
対策の取りようがないのです。

 

そういった場合
収入源となるブログが一つだけしかないと
一気に収入源は0となってしまいます。

 

こういった事態を避けるためにも
ゆくゆくは複数のサイトを立ち上げ、
リスクの分散を行うことをお勧めいたします。
(行うノウハウにもよりますが、
始めのうちは複数のサイトを
立ち上げる必要はありません。)

 

こうなるとなかなか怖くて
ブログを作れないなんて
思われる方もいると思います。

 

ただ忘れないでほしいのは
いくらアルゴリズムが変化しようと
ネットでは、

 

”有益な情報を発信し続けたほうが
価値があるブログとみなされる”

 

という根本的な部分は
これからも不変でしょうし、
ことこの部分に関しては
心配しなくてもいいわけです。

 

Googleエンジンに関しても
SEOからSXO(検索体験最適化)
へと変わりましたが、
根本的な部分は変わっていないのです。

 

このSXO、
どういったものかというと、
インタースティシャル広告(interstitial advertising)
を表示、記載している記事の
評価を下げるというもの。

 

インタースティシャル広告とは
簡単に説明すると、

 

スマホアプリやWebサイトの
画面遷移時やロード時に
ポップアップで出てくる広告のことです。

こんな感じのもの。

 

皆さんもよく見ると思いますが、
これを見て

 

「あーこれか、邪魔だよねー」

と感じたはずです。

 

Googleが求めている事象は
常に”ユーザーへの価値の提供”であり、
これから先もユーザーが”嫌だなあ”
と感じるものは淘汰されていくのです。

 

まとめ

 

SEO対策に関しては
Googleの検索エンジンの
アルゴリズムが常に進化し続けている以上
完璧にするという事は難しいです。

 

今はいいと思ってやっていたことが
数か月後には立場が逆転していた
なんてこともあり得ます。

 

しかし、
今回順位が圏外まで落ちた理由として
挙げたものはコピペ記事の量産だったり、
不適切な広告、自作自演の被リンクなど
どれもグレーな手法ばかりです。

 

繰り返し言わせていただきますが、
まっとうな方法で価値のある
情報を提供し続けている限りは
問題ないという事です。

 

SEOがSXOに変わったのと同じように
今後もGoogleは進化し続けていくでしょう。

 

ただ、忘れないでほしいのが
それはユーザーのためであるということ。

 

ならやることは簡単、
僕たちも訪問してくれたお客さんの
立場になって記事を書いてあげればいいという事。

 

SEO対策的にもお客さん的にも、
それがきっと良いサイトを作るうえでの一番の近道であり、
これからずっと積み重なっていく
財産になっていくでしょう。

 

長くなってしまいましたが、
SEO対策では

 

・検索キーワードを絞る

・充実なコンテンツ作り

・オリジナリティ(差別化)を組み込む

・グレーな手法を使わない

 

以上のことを意識しておくと
良いでしょう。

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで