Kokoです。

 

ネットビジネスにはアフィリエイトのほかにも
様々なジャンルが存在していますが、実は仕組みは単純で、
共通して云えるのは、行っていることが価値の提供であったり、
商品の提供であったりと、難しく考える必要はありません。

 

これはネットビジネスだけに関わらず、
サラリーマンやアルバイトにも云えることですね。

 

今回の話の中心となる、
YouTubeアドセンスを利用したノウハウも
アフィリエイトの延長線上にあるビジネスのひとつです。

 

簡単な動画はダメ!Youtubeアドセンスは年々稼げなくなってきている

 

以前は、簡単に作成した動画を投稿して、Youtubeにアップ。
そこから広告収入を得るというビジネスが流行っていました。

 

僕も本格的にまでとはいきませんでしたが、
物は試し程度に少し挑戦してみたこともあります。

 

まあ、
皆さんもYouTuberなんて言葉もよく聞くと思いますし、
人気のYouTuberは動画一つ上げるだけで大金を稼いでいるのも事実ですから、
興味を抱いている人も少なくありませんよね。

 

小学生の将来の夢の第3位にランクインしているそうですが、
どうしても、「好きな事をしてお金を稼ぐ」という部分が強調されているので、
”楽して稼ぎたい”と捉えられてしまう事も多々あるようですね。

 

Youtubeで集客をするのであれば、必然的に、

 

・話題性のある商品のレビュー、考察

・人気ゲームの実況

・万人受けするようなネタ(動物やニュースなど)

 

を題材とした動画作成を心がけなくてはいけません。

 

もちろん、商品は日夜新しいものが登場しますし、
ゲームも新作が毎週のように発売されているので、
今でもYoutubeで稼ごうと思えば稼げます。

 

ただ、現在のYoutube界は少々飽和気味で、
動画作成ツールなどが一般化してきており、
動画一つ一つの質が上がってきています。

 

テキスト分だけをそのまま綴ったような動画と、
映画さながらのようなエフェクトを施してある動画なら、
どちらを見るのかは一目瞭然ですよね。

 

当然問う云ったライバルと張り合うためには、
動画編集ツールの使い方を学ばなくてはいけませんし、
ひとつひとつの動画作成にかかる時間が増えてしまいます。

 

僕の知り合いの実況者も言っていたことなのですが、
動画を見てもらうというだけであれば、編集が面倒なので
動画としてではなく、ライブとして出したほうがいい。

というように、この手の作業(動画編集)が面倒だ、という人には
敷居が高くなっているジャンルだとも云えるわけです。

 

既に昔からYouTuberや他の媒体(ブログ、SNS)などで
ある程度の知名度を上げているのであれば問題ありませんが、
1から始める場合はそれなりに時間と努力が必要なジャンルだといえます。

 

動画削除のリスクを飽和している

 

YouTubeは”必要な許可を受けずに自作ではない動画をアップロードしたり、
他者が著作権を所有したりしているコンテンツ”することを禁止しています。

 

しかし、以前、流行っていた動画作成には、

 

・他の動画をそのまま持って来て加工

・テレビ番組の転載

・サムネ、タイトルによる釣り動画(新曲など)

 

上記のようなものが横行していたことも事実です。

 

まあ、今でもこういった動画は一定数作成されており、
それなりの再生数を稼いでいるものも見受けられますが、
作成にかかる手間がかからない反面、
同時に動画削除、一部機能の使用制限、
最悪の場合はアカウント停止などのリスクも飽和しています。

 

また、上記のような動画が大量に横行したことにより、
YouTube側の規制も厳しくなっている傾向にあるので、
これからさらに規制が厳しくなることも考慮すると、
以前のような稼ぎ方を続けること自体が難しくなっていきます。

 

まとめ

 

YouTubeは確かにユーザーの数がブログ単体などと比べて、
桁違いに多いので、話題性のあるネタを投下できれば
比較的少ない手間で多くの集客を呼び込むことができます。

 

そういった動画を複数作成できれば、
多少はアドセンス収益を得ることもできますが、
どう考えても”労働時間>収益”となるので労働対効果も薄いです。

 

しかも、
YouTubeはトレンド(流行)に大きく左右される媒体でもあるので、
稼げない時期にハマると本当に稼げません。

 

なので、
YouTubeに関しては、単体で収益口としてみるのではなく、

 

”YouTube(集客)→ブログ(キャッシュポイント)”

 

のようなアドセンス収入はあくまでもおまけと割り切り、
ブログなどへの入り口として機能させる方が、
よっぽど現実的な話になります。

 

もちろんYouTuberのように
顔出し、声出しをする必要もありませんし、
集客のみを目的としたブログであるならば匿名でも問題ありません。

 

また、
ブログと動画(YouTube)を同時に運営することが出来れば、
YouTubeはGoogle検索エンジンにも連動しているため、
アクセスの幅を大きく向上させることも出来ます。

 

いずれにせよ、YouTube単体で
コンスタントな収益を目指すのであれば、
それ相応の時間がかかるので、それならば、
アドセンス以外にも成果報酬系の案件も扱える、
ブログアフィリエイトの方が将来性があると云えます。

 

僕のブログではアフィリエイトについての
メリット、デメリットについても解説しているので、
よろしければこちらの記事もご覧になってみてください。

情報商材アフィリエイトは稼げるのか?

 

それでは本日はこのあたりで。

 

お困りの方は些細なことでもよいので、
お気軽にご連絡くださいね!↓
kokoへの相談はこちらまで