Kokoです。

 

今回はネットビジネスのモデルとしての一つでもある、
Youtubeを利用して収益を上げる
ユーチューバーについて話をしていこうと思います。

 

有名どころだとヒカル(Hikaru)さんやHIKAKIN(ヒカキン)さんなど、
一度は皆さんも耳にしたことはあるのではないでしょうか?

 

なんと、
最近では小学生の将来の夢などにもランキングするなど、
趣味と収益を兼ねた夢のある素晴らしいビジネススタイルではあるのですが、
その反面、博打的な要素も強く、底辺ユーチューバーと云われる方々は、
いくら動画を投稿してもなかなか収益に繋がらないという実態もあります。

 

無料で見れる動画でなんでお金がもらえるの?
という疑問ですが、正確には動画の再生でお金が発生しているのではなく、
動画の再生によって広告が表示されることにより収益が発生します。

 

僕は広告やアフィリ目的のペラペラ動画が
うっとうしいと感じてしまう性質なので、
あまりYoutubeなどは見ないのですが、
視聴者層は幅広く、海外ユーザーなども対象にすれば
かなりの規模となるので、話題性さえ拾えれば
幅広い分野で訴えかけられます。

 

どんな動画が再生されるのか?

 

さて、
それではどのような動画が再生されるのかという話ですが、
基本はトレンド(流行)を追っかけたものであれば
それなりの再生率は稼ぐことが出来ます。

 

特に昨今ではテレビを見ない層も増えているので、
Youtubeニコニコ動画などの無料で視聴できる動画サイトの
需要は非常に高いです。

 

しかし、あくまでもトレンドネタでは
突発的に再生数を稼ぐことは出来ても、
固定のファンという存在はあまり伸びることはありません。

 

これではネタが無くなってしまえば
動画は再生されなくなり収益も途絶えてしまうので、
結局一発屋として終わりを迎えてしまいます。

 

そもそも、動画を見に来てくれた人は
あなたの動画というよりも、数ある動画の中から
たまたま見に来てくれたというだけなので、
チャンネル登録してくれる可能性は低いわけです。

 

では、どうすればいいのか?という話ですが、
動画は”視聴者が見やすい形で提供する”
ことを念頭に作成しなくてはいけません。

 

そして、動画タイトルは分かりやすく、
かつ引き付けるようなものに、
サムネイル画像などもサムネ詐欺と云われない程度に、
興味をそそるようなものを選択していくわけです。

 

加えて、長すぎず、短すぎないように尺を調整し、
いらないシーンなどは早送りやカットをしたり、
視聴者が見やすい環境づくりをしてあげればあげるほど
チャンネル登録者数は増えていきます。

 

また、トレンドアフィリエイトと違い、
記事作成の時間もかからないので、
慣れてしまえばアフィリエイトより楽!
という人もいます。

 

まあ、この辺りは向き不向きの話なので、
実際にやってみて向いているなと思う方に
舵を切って行けばいい話ですね。

 

顔出し、声出しのメリットとは

 

有名なユーチューバーだと、ほとんどの方が
顔出し、もしくは声出しをして活動されています。

 

というよりも、顔出しや声出しをしたほうが、
有名になれる可能性が高くなるといった方が良いでしょうか。

 

人間と云うものは何かを評価する際、
必ず五感を介して判断を下します。

 

五感とは視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のことですが、
ここでは視覚、聴覚が主となり、
そしてそれがセットになった場合、
個々での力より爆発的に影響力を及ぼすわけです。

 

正直な話、有名になるまでは
印象に残ったもの勝ちという風潮もありますので、
顔出し(イケメンや顔芸など)や特徴のある喋り方など、
他と差別化が出来るレベルのものを提供できると、
ファンが増えやすくなります。

 

例えばゲーム実況一つとっても方法は様々で、
リアクション実況や、考察しながら実況など、
顔出し、声出しの強みを生かして
色々と工夫していくと良いでしょう。

 

顔出ししなければYoutubeでは稼いでいけないのか?

 

結論から言うと、可能ではありますが、
Youtubeという市場自体が飽和気味で、
コンスタントに再生数を稼ぐのは厳しい
というのが現状です。

 

というのも一昔前まではペットの動画(5分以内程度のもの)
でも爆発的な再生数を稼ぐことが出来、
一つ一つの動画の時間が少ないため
次々と再生数を稼ぐことも出来ました。

 

しかし、今では参入者自体が多くなり、
単純に動物系の動画を上げても満足に
再生数を稼ぐことは出来なくなってしまいました。

 

少し調べてみても、再生数が1000程度だったり、
紐づけされた動画はさらに再生数が少なかったりと、
中々厳しい現実がありました。

 

基本的に再生数10に対して1円の収益なので、
1000再生されても得られる収益は100円です。

 

もちろん、
継続的に再生され続ければ不労所得となり得るのですが、
その動画が投稿されたのは7か月前だったので、たったの月収14円です。

 

複数動画を作成して、横並びに展開出来ればいいのですが、
ユーチューバーとして生活していくレベルまで到達できるようになる為には、
かなりの時間がかかると云っても過言ではありません。

 

まとめ

 

今回はユーチューバーの実態として
どういった環境下にあるのかという点について解説しましたが、
匿名でやる分には少し厳しい環境になりつつありますが、
顔出しできる環境にあるのであれば差別化など、
いくらでもやりようは存在します。

 

少し前まではテレビ番組を録画して、
適当に加工して投稿したり、他人の動画などを
これまた適当に加工して投稿したりと、
ブラックすれすれの手法が横行していましたが、
いまでは削除対象、強いてはアカウント停止など、
リスクが高すぎるものとなってしまっています。

 

アフィリエイトや転売でもそうですが、
何だかんだ言って正攻法の方が最終的には成功できることが多いので、
Youtubeに関しても真面目に動画を作成したほうが良いです。

 

また、今もりもり稼いでいる人も、
人気というものが約束されているわけではないので、
下火になる可能性も十分にあるわけです。

 

でなければテレビでも新人を起用する意味はありませんからね。

 

なので、
どんな時期にも参入する余地はあるのですが、
有名になって稼いでいこうと考えたら、
それ相応の努力、工夫はやはり必要です。

 

まあ、アフィリエイトと違って
文章を打つ必要性はないので、
”記事を書くのが嫌なんだ”
という人には向いているのかもしれません。

 

もし匿名で稼ぎたいというのであれば、
やはり僕はアフィリエイトをお勧めいたします。

 

アフィリエイトについて興味のある方は、
こちらの記事をどうぞ。

→アフィリエイトを始めるうえで意識をすること

 

もし疑問などがあればメールにて
お気軽にご相談ください!

 

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで