Kokoです。

 

今回はワードプレスで利用されているプラグインである、
”Google XML Sitemaps”の導入方法について解説します。

 

通常、記事を公開した際は、
記事を早く検索エンジンに認識してもらうために、
XMLサイトマップというものを設置して、
クローラーに情報を伝える必要があります。

 

クローラーは、Googleなどのロボット型検索エンジンが
WEB上に公開されているファイルを収集するためのプログラムなのですが、
サイトを巡回頻度に関しては波があり、早く記事を反映してほしい場合、
こちら側でサイトマップを用意してあげないといきません。

 

サイトマップの作成は記事更新のたびに行わなくてはいけないので面倒ですが、
早い話が”Google XML Sitemaps”は、そんなサイトマップを
自動で作成、通知してくれるプラグインです。

 

Google XML Sitemapsの導入

 

それではさっそくプラグインの導入をしていきましょう。

プラグイン

新規追加

プラグインの検索に”Google XML Sitemaps”と入力

表示された”Google XML Sitemaps”をインストール

ここまで出来たら有効化を押して
プラグインの導入は完了です。

 

Google XML Sitemapsの設定

 

引き続き、プラグインのGoogle XML Sitemapsの設定を行います。
項目の中には記事の更新頻度、扱う記事の種類などによって、
設定を変えておいたほうがいい部分もありますので、
そちらも確認していきます。

 

設定といっても簡単なチェックボックスや、優先順位を決めるだけなので、
数分もあれば全て完了できます。

 

設定

XML-Sitemap

 

とクリックすると、
XML Sitemap Generator for WordPress (ver)というページに移動します。

 

少し下にスクロールすると”基本的な設定”という項目が出てきますが、

このようにチェックを入れてください。
(最初からチェックが入っている場合はそのままでOK)

 

上記項目は、サイトを更新した際に
GoogleとBingに通知されるようになります。

 

3つ目の”サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加”は、
サイトマップを検索エンジンに伝えてくれる項目なので、
全てにチェックを入れておくようにしましょう。

 

さらに少し下にスクロールすると”投稿の優先順位”という項目が現れるので、
優先順位を自動的に計算しない”にチェックを入れておきましょう。

 

この項目にチェックを入れておくことで、
後述する”優先順位の設定 (priority)”で設定した内容を反映させることができます。

 

Google XML Sitemapsのサイト別詳細設定

 

Sitemap コンテンツの項目では、
検索エンジンに通知したい(サイトマップに含める)ページを指定することができます。

 

また、通知したくない項目のチェックは外すこともできるので、
自身の記事の内容に合わせて設定していただければOKです。

 

Excluded Items”では、カテゴリー別、投稿別に設定することも可能ですので、
通知したくない記事があるのであればここで除外しておきましょう。

 

Change Frequencies”では、
サイトマップを検索エンジンに通知する頻度(間隔)を、
コンテンツごとに、

 

”常時”

”毎時”

”毎日”

”毎週”

”毎月”

”毎年”

 

の中から指定することができます。

 

こちらの項目も、記事の更新頻度によっては、
記事が更新されないのに通知しても意味がありませんので、
毎週より毎月でも問題が無かったりと、個々で設定する必要があります。

 

優先順位の設定 (priority)”では、
ンテンツごとに1.0から0.0の範囲で、
記事全体での重要度を指定することができます。

値に関しては1.0に近付くにつれ、重要度が高いと判断されます。

 

全ての項目の設定が完了したら設定の更新を押して反映完了です。

もし何か疑問があれば
お気軽にご連絡くださいね!↓
kokoへの相談はこちらまで