Kokoです。

 

今回は以前レビューさせていただいた、
柴田信義さんのCREW(クルー)プロジェクトから派生した、
Team Grand Voyage(チームグランドボヤージュ)です。

 

が、

 

いくつかの懸念点が見つかりましたので、 追っていこうと思います。

 

柴田信義 Team Grand Voyage(チームグランドボヤージュ)

 

 

システムに任せるだけでは危険な理由

 

やはり、CREW(クルー)プロジェクトは
予想通り仮想通貨のアービトラージがビジネスモデルでした。

 

近頃、仮想通貨を取り扱ったオファーが急増していて、
今回のようなアービトラージや、仮想通貨FXなども
増えている傾向にありますが、
中にはかなり危ないものも見受けられます。

 

アービトラージは裁定取引とも云われていて、
以前はFXなどで盛んに行われていた手法なのですが、
現在は禁止されていて、もし行おうとすれば、
利益没収、最悪の場合取引口座の凍結となります。

 

理由は単純で”運営側が不利益を被る”からです。

 

とはいえ、
今回は仮想通貨がビジネスモデルなので、
問題はないかのように思えますが、

最低限の知識を持っていなければ損失の可能性は十分ありますし、
リスクを抑えるとはいえ、価格差が開くのを待ち続けるのは、
かなり地道な作業を要します。

 

少なくとも本業とは別に副業として
仮想通貨ビジネスをやろうと思っている方には
お勧めできない手法です。

 

どうやら、
Team Grand Voyage(チームグランドボヤージュ)では
フラッシュマージンシステム”が自動で見つけて
半自動的に稼ぎを上げ続けてくれるようですね。

 

確かにシステムに任せてしまえば、
PCやスマホの画面に張り付いている必要は無いですし、
勝手に稼いでくれるなら多少の出費は仕方ない・・・
と思うかもしれません。

 

しかし、
あくまでも価格差を見つけてくれるだけで、
相場の動きを予測するということはできませんし、

取引所間での送金時間というものが
どうしても発生してしまうため、
待っている間に価格が変動してしまう恐れがあります。

 

リップルなどの一部のアルトコインならば、
取引処理の速度が高く、
取引する金額によってはありですが、

ビットコインなどで
大きな資金を動かすとなると、
かなりのリスクを背負わなくてはいけません。

 

仮にビットコイン以外でアービトラージを行うとしても、
互いの取引所で上場されている必要があり、
なかなか思うようにはいきません。

 

”毎日3万円を配る”という部分は、
フラッシュマージンシステムの自動売買での収益となるでしょうが、
毎日3万円の収益が発生させることはどう考えても厳しいでしょう。

 

まとめ

 

今回のオファー、
柴田信義さんのTeam Grand Voyage
についてのまとめとなります。

 

LP内では参加特典についても紹介されていましたが、
どう考えても割に合うようなものではなく、

 

・ビットコイン50万円分プレゼント(先着20名)
・ビットコイン5万円分プレゼント(抽選で100名)
・仮想通貨先行者利益10万円受け取りパッケージ
・超特別シークレット特典

 

超特別シークレット特典についてはおいておくとして、
ビットコイン50万円分を先着20名とはいえ、
配布するメリットが柴田さんにはあるのでしょうか?

 

あまり言いたくはないのですが、
(僕もサポート人数などは制限しているので。。)
こういった「先着」とか「抽選」というものは
あまり期待しない方が良いです。

 

というのも、
明らかに販売者が不利益を被るような内容は
まず、履行されないからです。

 

たとえ、1番目のお客さんでも、
もうすでに30名の方が参加されています!
と言われてしまえばそれまでですし、
こちら側ではその真偽を問いただす術が無いですからね。

 

また、
ツールを利用すれば簡単に稼げるとしても、
赤字の恐れがあるビジネスで全て他人任せという
考え方はあまりお勧めしません。

 

もし、ツールを利用するとしても、
始めのうちはリスクがないものに取り組むべきですし、
下記の案件であればリスクなく収益を発生させることも可能です。

 

もし、興味がある方は
下の記事も一度読んでみてください。

児玉聖 MC Engine(MCエンジン)

 

もし疑問などがあればメールにて
お気軽にご相談ください!

それでは本日はこのあたりで。

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで