Kokoです。

 

アフィリエイトには
サイトアフィリ、自己アフィリ、PPCアフィリ
を始めとしていくつかノウハウの種類が存在します。

 

ただ扱う商品に関しては
一般的に”物販”か”情報商材”を
選択して扱うことになります。

 

では一体、

「物販アフィリエイトと情報商材アフィリエイト、
いったいどっちが稼ぎやすいのか?」

という疑問なのですが、

 

こうした情報発信のブログを運営していると、
情報商材を売ったほうが一つ一つの単価が
大きいから稼ぐことが出来るの?

 

という意見も頂いたりします。

 

確かに僕自身も主に
情報商材アフィリエイトを
勧めさせてもらってはいますが、
人それぞれ向き不向きというものがあるので
一概にこちらのほうが稼げる!
というだけで始めても挫折してしまう
可能性が高いです。

 

今回はその点について
解説していこうと思うので、
自分に合ったものがどちらなのか
という事を一度考えてみてください。

 

それぞれの魅力(メリット)について考える

 

まず物販アフィリエイトの魅力(メリット)
についてですが、何といっても”扱う商材の多さ”です。

 

その為、自分に興味のあるものを
自由に選ぶこともできるので、
モチベーションが保ちやすいのです。

 

アフィリエイトは初期費用が少ない分、
利益の発生が遅めで、
作業を継続する上でメンタル面での比重が大きく、
モチベーションの持続は
アフィリエイトおいてとても重要なファクターです。

 

アフィリエイトを辞めてしまう方の大半は
大体このモチベーションの低下が原因で
収益が発生する前に辞めてしまう傾向がありますので、
本当に重要な部分です。

 

また、物販で扱う品は基本的に
リアルビジネスでも販売されているものが多いので、
そこまで深い教育記事や、販売記事を書かなくても
収益につなげることができます。

 

さすがにSEOを完全に無視した日記記事や、
方向性の違う内容を書いても売れるのか、
と言われると無理ではありますが。。

 

しっかりと焦点のあった記事さえ書くことが出来れば
見込み客は自然と集まってくるわけですね。

 

そして、
情報商材アフィリエイトは

”ネットビジネスに興味がある人”

に向けて発信していくのに対して、
物販アフィリエイトは

”商品を購入しようとしている人”

向けて発信しています。

 

こうして集客したお客さんは

”すでに商品の購入を考えている人”

なので、
そこから大きく販売を行わなくても
商品は勝手に売れていくという事です。

 

というかむしろ露骨なセールスは
購買意欲を削いでしまう可能性もあります;

 

検索エンジンで上位に表示されさえすれば、
放置気味でも利益を上げ続けてくれます。

 

実際僕ブログでも
月に1、2回の更新だけでも
利益を上げてくれています。

 

こういったメリットを聞くと
情報商材アフィリエイトより
作業が少なくて稼ぎやすそうだ!
と、物販アフィリエイトから
始める方も多いんですね。

 

事実、こういった利点から
物販のアフィリエイトを
勧めているブログも多いです。

 

ただ、ここで云う多くの方は
たぶん、

”お小遣い程度”

とか、

”本業の片手間に”

なんて方が大半を占めています。

 

というのも、
物販アフィリエイト一本で
生計を立てていくのはなかなか大変です。

 

これについては、
アフィリエイト報酬の単価の低さや、
後述するライバルの多さが
関わってきます。

 

物販アフィリは市場もライバルとなる

 

先ほど物販のアフィリエイトで扱う商品は
市場でも販売されているものと云いましたが、
これはメリットであると同時に
デメリットでもあるんです。

 

例えばマッサージ器を買おうとしたとき
あなたならどこで買いますか?

 

これは人によるので
回答はばらけると思うのですが、
僕だったら実店舗に出向いて
試用してから購入を考えます。

 

もちろん、
ブログなどでも実際購入して
使い心地などを写真に乗せて
分かりやすく紹介してくれて
いるところも多いです。

 

ただ、やっぱり実際自分で使ってみてから
判断したい、という僕みたいな
わがままな客も多いのも事実です。

 

アフィリエイトはネット上での
やり取りになるのでこういった部分で
どうしても遅れをとってしまうのです。

 

そしてリアルだけではなく、
ネットにもライバルはたくさん存在しています。
販売業者にはAmazon、楽天など、
皆さんも普段から活用しているであろう
大手サイトも相手にしていかないといけないわけです。

 

そうなった場合、
どうしても商品単一のキーワードでは
そういった大手サイトには勝てないので、
SEO対策でのキーワード選定や、
ロングテールワードなども駆使して
サイトを構築する必要性があり
一筋縄でいかないのも事実なのです。

 

その点ではネットを介しての販売オンリーの
情報商材のアフィリエイトは、実店舗が
存在しない上に知名度自体も比較的低いため、
ライバルが少ないんですね。

 

どちらもメリット・デメリットが
明確に存在しているので、
ご自身に合ったスタイルを
取ることが成功への一番の近道
となるでしょう。

 

本業として見据えるならば情報商材アフィリエイト

 

こうして各アフィリエイトの
メリット、デメリットを挙げてみると
なんとなく方向性が見えてきませんか?

 

まあ、簡単に言うと
記事部分については、

 

物販アフィリエイトは
訴求力をあまり求められないため、
記事に関してはキーワード選定や
SEO対策がしっかりできていれば
収益に繋げることができます。

 

そして扱える商品の種類も多いので
自分の得意な分野で展開することも可能です。
(どうしても売れないようなジャンルもあります)

 

強いて言うと、
成約率を上げるポイントは
”写真の撮り方”ですね。

 

情報自体は発信にも限度があるので、
ライバルとの差を縮めるには
視覚効果を有効に使うと
成約率がぐっと上がる傾向があります。

 

もちろん、
サイトデザインなども大きく貢献します。

 

一方、情報商材は
物販と違いリアル店舗が存在しないので、
基本的に買ってみないと内容がわかりません。
(返金制度などもあるがアテにならない)

 

なので、如何にして

”目に見えないモノを正しく
鮮明に伝えられるか”

という事が重要になります。

 

ただ利益率という点では
情報商材アフィリエイトに分があります。

 

物販では前述した点、
そして利益率の低さから大きく稼ぐことは
難しいのが現実です。

 

物販だけで月収100万越えを
稼ぎ続けている方も実際いますが、
そこまでの域に到達するには
ライバルが比較的少ない
ニッチな商品を扱う必要がありますし、
時間も掛かるわけです。

 

月5~10万稼げればかなり良いほうだと思いますし、
情報商材に比べてニーズの移り変わりが大きいため、
継続的な収入源にはなりにくいです。

 

もちろん時代が変わっても売れ続ける商品は
確かに存在しますがその分、参入者も多く
古参からのライバルと戦っていかなければなりません。

 

情報商材アフィリエイトもライバルは存在しますが、
物販に比べて圧倒的に少なく、発信する情報次第では
月100万越えをたたき出すことも十分に可能です。

 

ともなれば会社を辞めても
アフィリエイトだけで稼いでいくこともできますし、
実際僕もこちらで生計を立てています。

 

副業などと云わず、早いうちから
セミリタイアして本業として
稼いでいきたいという方は
是非、”情報商材アフィリエイト”に
挑戦してほしいと思います。

 

また僕の推奨しているアフィリエイト方針は
トレンドなどを追っかける労働型アフィリエイトではなく、
継続した分だけが貯蓄となり積み重なっていく
資産構築型アフィリエイトなので、
時間をかけてちゃんと作業が出来る人であれば
誰でも成果を上げることができます。

 

また、こちらにトレンドアフィリがオススメできない理由も
記事にしているので、よかったら見てみてください。

→トレンドアフィリエイトがオススメできないワケ

 

もうすでに実践していてなかなか稼げないなあ・・・
って人はこちら!

→稼げていない人はDRMを見直してみよう!

 

まあ色々と書いてきましたが
先にも述べさせていただいた通り、
人にはそれぞれ向き不向きがあるので、
ご自身に合った方針を取られるのが一番ではあります。

 

ですが、善は急げと言いますし、
迷っているぐらいならとりあえずは
無料ブログなりなんなりで始めてみることを
お勧めいたします。

 

別にどっちか一つしか
選べないというわけではないですし、
合わなかったら他の手法を試せばいいですし・・・

 

こういった点も資金のかからない
アフィリエイトだからできる魅力ではありますよね!

 

それでは本日はこのあたりで。
もし悩み、相談があればどうぞお気軽に!

 

ご意見・ご質問受け付けています!↓
kokoへの相談はこちらまで