Kokoです。

 

アフィリエイトも魅力でもある不労所得という言葉。他の人が汗水たらして働いている間、自分は何もせずに収入だけを得る。そんな不労所得を得られるアフィリエイトに“2ティア・アフィリエイト”という物があります。

 

2ティアというのはそのままの意で、2層という意味合いを持ちます。

 

2ティア・アフィリエイトは紹介する側と紹介された側を差した形であり、2ティア報酬を設定している広告主であれば、紹介された側に報酬が発生した際に、2ティア報酬として親側も報酬を得られるという仕組みになります。

 

早い話が同じ志を持ってくれる仲間を集めてコミュニケーション、教育を通してお互いがWinWinの関係を築くというものですね。

 

同じアフィリエイトというベクトルなので目的意識の共有は容易です。なによりアフィリエイトは基本的に個人作業なので、こういった関係でもだれかと繋がることが出来るというのは大きなメリットでもあります。

 

ただ、この2ティア・アフィリエイトは思っているほど簡単には成立しないし、後述する問題も含めて欠陥だらけなんですよね。

 

仮に実現できたとしても旨みが少ない

 

2ティア・アフィリエイト報酬では子が商材を売ることで成立するので、子が受けられるメリットというのは表記上では存在しません。

 

その為、親側は子が2ティアに参加してもいいと思えるようなサポート、特典を付ける必要があります。

 

子が報酬を発生させることが出来れば親側に報酬が発生するので、サポートをする意味合いはあるわけですが、いかんせん得られる報酬は10分の1以下が基本で、入ってくる利益としては微々たるものです。

 

子として集まるのは稼げているアフィリエイターではない

 

ネズミ講(無限連鎖講)などと違い、2ティア・アフィリエイトを成立させるためには子がアフィリエイト報酬を得る必要があります。

 

その為、成約をしっかりと取ってくれるアフィリエイターが子になってくれないといけないわけです。

 

ちなみに、ここもネズミ講とは差別化出来ていて、子が増えなくても子となったアフィリエイターが稼ぎ続けてくれさえすれば継続的に報酬を得ることは出来ます。

 

月10万程度でも稼いでくれるアフィリエイターが10人つけば、親に入る2ティア報酬としては大体5万といったところですので、稼いでくれるアフィリエイターが子になってくれさえすれば不労所得と入っても良いレベルの恩恵を受けることは出来ます。

 

しかし、実際のところどうでしょうか?

 

2ティア・アフィリエイトで集まるのは基本的にまだ稼げていない層のアフィリエイターが大多数となるので、10万はおろか1万円も稼げるようなアフィリエイターが集まることはきわめて稀です。

 

まあ、誰しもが最初から稼げるというわけでもありませんので、親側は子に稼げるように教育をしてあげなければいけないわけです。

 

子として集まったアフィリエイターがどのレベルかは集客段階である程度決まるわけですが、稼げるまでのプロセスをケアしてあげる必要があります。

 

そうしなければいくら子を集めた所で入ってくる報酬は0のままですし、実際に特典やサポートを付属してあげたとしても実践してくれる層というのは思ったよりも少ないのが現実です。

 

仮に子として稼げるようになったアフィリエイターがいたとしても、自分で稼げるレベルまで到達したのであれば、自分のアカウントの下に自分の別アカウントを登録すれば2ティア報酬も受け取れるようになるので、登録してもらったアカウントからは報酬が発生しないという事態に陥ることが多いです。

 

そもそもな話として、2ティアを募るためにも集客、それに追随する特典やメリットを用意しなくてはいけないのであれば自らがアフィリエイトして報酬をそのまま受け取ってしまったほうが旨みが大きいです。

 

稼げるようになるまで教育できるノウハウがあるのであれば、自らが販売してそのまま10割で報酬を受け取った方がいいですからね。

 

まとめ

 

総評、まとめとしてはお勧めできないという結論です。

 

何もしなくても報酬が入る不労所得として紹介される2ティア・アフィリエイトですが、実態はそんな上手い話ではなく、稼いでもらうための教育をしなければ入ってくる報酬は0です。

 

で、稼げるようなアフィリエイターが出て来たとしてもアカウントが変わってしまえば全てパー。まあ、ここら辺は信頼関係がモノを言うので一概には言えませんが気をつけておきたいポイントの一つですね。

 

色々と欠点だらけの2ティア・アフィリエイト。子を集めるだけならばネズミ講と違い、クリーンなイメージも強いので比較的簡単なのですが、いざ報酬を得ようとなると途端に難しくなるのがネックです。

 

ある程度既に稼いでいてマニュアル化出来ているならかける労力は少なくて済みますが、そのマニュアルを教材として販売した方が何十倍も稼げるのでそれもナンセンスですね。

 

2ティア・アフィリエイトなんかでなくてもメルマガ、ブログ単体でも不労所得媒体を形成することは十分に可能なので、わざわざ手をかける必要はないでしょう。

 

それでは本日はこのあたりで。

 

お困りの方や疑問などがあれば、些細なことでもよいので、お気軽にご連絡くださいね!↓

kokoへの相談はこちらまで